【終売品】アーリータイムズ イエローラベルの味や特徴を解説

【終売品】アーリータイムズ イエローラベルの味や特徴を解説

今回ご紹介するウイスキーは、バーボンのEARLYTIMES YELLOW LABEL(アーリータイムズ イエローラベル)です。

EARLYRIMES YELLOW LABEL

アーリータイムズ イエローラベル とは

アーリータイムズは、創業以来150年以上の歴史を持ち、アメリカの激動期に誕生したことから「開拓時代」という意味を持つバーボンウイスキーです。
1860年、“Early Times Method”(昔ながらの製法)でウイスキーを造るという信念の元、ケンタッキー州に設立されたアーリータイムズ蒸留所で製造されています。

ラベルに描かれた人物像:サールズ・ルイス・ガスリー


EARLYTIMES

ラベル横に描かれた人物像は、元従業員であったサールズ・ルイス・ガスリーです。
1920年に禁酒法時代、存亡危機に陥った蒸留所を救うべく、アーリータイムズの商標権、在庫を買い取り、秘密の倉庫にウイスキーを隠すことで、ブランドを継続し作り上げた偉人なんだとか!

禁酒法なんて今の時代じゃありえないですよね!
そんな時代にブランドを守り抜いたサールズ・ルイス・ガスリーかっこよすぎます。
リスペクトすぎる。

アーリータイムズ イエローラベルの種類

グレーン(穀類)、モルト(大麦麦芽)からなるバーボンウイスキーです。 

アーリータイムズ イエローラベルの味わいは?テイスティングしてみた

飲み方は、ストレートにした後、水割りやハイボールを試してみました。

EARLYTIMES YELLOW LABEL

【香り】
メープルっぽい、フェノール感ある香り。

【味わい】
・ストレート
黒蜜っぽい甘みがある。喉ごしのアルコール感強め。ちょっとピーティー。

・水割り
めちゃくちゃマイルド。飲みやすくて優しい。

・ハイボール
樽感ある味わいで、力強い。
キレが最高です。グッときて、スーッと消える感じ。

アーリータイムズ イエローラベルのおすすめの飲み方

筆者的にハイボールが一番美味しかったです。
ぜひ炭酸水を用意して作ってみてください。

ハイボール

アーリータイムズ イエローラベルの商品情報

容量:700 ml
アルコール度数:40℃
主蒸留所:アーリータイムズ蒸留所
生産地:アメリカ合衆国 ケンタッキー州
創業年:1860年
取り扱い企業:アサヒビール株式会社

終売!?アーリータイムズ イエローラベルの入手方法

アーリータイムズ イエローラベルは、2021年12月に休売、2022年6月に日本での取り扱いがなくなり終売となりました。
ですので、今となっては入手困難な状態です。

原因は、アーリータイムズ・ブランドがブラウンフォーマス社からサゼラック社へ売却され、つくり手も変わってしまったからではないかと言われています。
個人的に美味しくてコスパもいいウイスキーだったので少し残念です。

ちなみに過去に販売されていた古酒は、一次流通、二次流通市場でともにプレミア価格へと跳ね上がっていますが、ネットにて購入可能なものもあります。
barなどで直接足を運んで飲んでみるのが早いかもしれないですね!

バーボンカテゴリの最新記事