【ウイスキー】I.W.ハーパー ゴールドメダルの味やおすすめの飲み方をご紹介

【ウイスキー】I.W.ハーパー ゴールドメダルの味やおすすめの飲み方をご紹介

今回ご紹介するウイスキーは、I.W.HARPER GOLD MEDAL(I.W.ハーパー ゴールドメダル)です。

I.W.HARPER

I.W.ハーパーとは

「I.W.ハーパー」 が誕生したのは1877年。 まだ低級なバーボンが主体だった19世紀後半、都会的なイメージをもつ上質なスタイリッシュバーボンとして生み出された ウイスキーとなっています。 創始者は、弱冠19歳にしてドイツからアメリカに移民した、アイザック・ウォルフ・バーンハイム氏です。

ちなみに、I.W.ハーパーの読み方は、アイ.ダブリュー.ハーパーです。
名前の由来は、創始者の頭文字の「I.W」と、彼の無二の親友のフランク・ハーパーの名前から冠したと言われています。

ラベルの解説


I.W.HARPER GOLD MEDAL

ラベルに描かれたシルクハットに燕尾服のシルエット。このトレードマークの紳士姿は、創業時の営業スタッフ、トーマス・ハーパーがモデルになっていると言われています。彼の口癖だった言葉「It’s always a pleasure.(毎度ありがとうございます)」が顧客の心を掴み、次第にトーマス・ハーパー自体が同社の広告等のような存在になり、後年その姿がラベルに描かれるようになったんだとか。

I.W.HARPER GOLD MEDAL

また、「I.W.HARPER」を語るうえで外せないのが、ラベルに描かれた5つのゴールドメダルです。「I.W.HARPER」は、1885年のニューオーリンズ万国博覧会を始め、シカゴ万博( 1893年 )、パリ万博'( 1900年 )、セントルイス万博 (1904年) 、サンフランシスコ万博 (1915年) と、5つの博覧会で金賞を受賞したことから、ラベルに5つの金メダルをあしらうようになったんです。この快挙により、生みの親であるバーンハイム氏は、ケンタッキー州より「偉大なるバーボン男爵」の称号を受けたんだとか!かっこええ。

種類

グレーン(穀類)、モルト(大麦麦芽)からなるバーボンウイスキーです。

生産地

アメリカ合衆国 ケンタッキー州ルイヴィル

I.W.ハーパー 評価

飲み方は、ストレートにした後、水割りやハイボールを試してみました。

I.W.HARPER

【香り】
ビスケットのような香りからメープル香へ

【味わい】
・ストレート
バニラのような甘味があってスムーズな味。癖があんまりなくて、割とさっぱりしてるため飲みやすい。しかし何か物足りない感じもある。

・水割り
ストレートの良さを残しつつ、さらにさっぱりした感じ。マイルド感が強くなる。

・ハイボール
美味い。ハイボールにすると穀類っぽさがより演出される印象。シリアルでウッディな感覚。

おすすめの飲み方

ハイボールが一番良かったです。
グッと来た後、シュワッと来るあの感覚がたまらない(笑)。

商品情報

容量:700ml
アルコール度数:40%
製造元:I.W.HARPER ディスティリング社
蒸留所:ヘブンヒルバーンハイム蒸留所
創業年:1877年
取り扱い企業:キリンビール株式会社

入手方法

コンビニやディスカウントストア、スーパーマーケットなどで取り扱いされている店舗があります。価格は2000円台ぐらいです。立ち寄ったお店で見かけた際は、ぜひ手に取ってみてください!

バーボンカテゴリの最新記事