【ウイスキー】鳥取 バーボンバレルを評価、徹底解説

【ウイスキー】鳥取 バーボンバレルを評価、徹底解説

今回ご紹介するウイスキーは、松井酒造合名会社が製造する「鳥取 バーボンバレル」です。

鳥取 バーボンバレル

鳥取バーボンバレルとは

鳥取バーボンバレルとは、松井酒造株式会社が製造するブレンデッドウイスキーです。
発売開始は、2017年6月。
オーク材の小さな新樽を使用し、バニラや果実を連想させる甘く華やかな香りとスパイシーでフルーティーな口当たりがやみつきになるウイスキーとなっております。熟成過程において、バーボンを1回寝かせた樽を使い、ウイスキーに独特の香りをつける「バーボンバレル」と呼ばれる製法を用いられているのが特徴的です。

松井酒造について

鳥取 バーボンバレルの製造を手掛ける松井酒造合名会社は、1910年に設立された酒造メーカーです。本社は大阪府に構えおり、製造を担う工場は、鳥取県の倉吉蒸留所にあります。

倉吉蒸留所は、中国地方の最高峰でもある大山の麓に位置しており、大自然の伏流水を使用したウイスキー造りが可能です。「暮らしよし」が語源となったと言われる倉吉。日本海側に位置した寒暖差の大きい気候が、ウイスキーの熟成に適していると言われる地です。

本記事で紹介している鳥取バーボンバレルの他にも、「倉吉」ウイスキーが有名です。また、松井酒造はウイスキーの他、焼酎や梅酒、スピリッツの製造も行っています。

ボトラーズ参入

松井酒造は、自社でのウイスキー蒸留を行っておらず、原酒を他社から購入し、自社でブレンド、割水、ボトリングして販売する、いわゆるボトラーズとしてウイスキー業界に参入した酒造メーカーです。ボトラーズとは、自社以外の蒸留所から原酒を樽ごと、またはタンク等に移し替えて購入・保管し、自社で瓶詰めして販売することです。

テイスティング

飲み方は、ストレート・水割り・ハイボールを試してみました。

鳥取 バーボンバレル


【色】
オレンジ色

【香り】
メープルや黒蜜、バニラの甘い香り

【味】
・ストレート
舌触り良くマイルド。スパイシーなアルコール感の後、林檎っぽいフルーティーな味わいがまろやかに透き通っていきます。みずみずしく透明感ある喉越しです。

・ハイボール
穀物感が増し、ビールみたいな麦っぽさを感じました。クリアでフレッシュな爽快感があります。

・水割り
ストレートに比べてフルーティーな甘さが薄まり、穀物っぽい味わいが強くなります。

おすすめの飲み方

ストレートとハイボールがおすすめです!
フルーティーな味わいを楽しみたいならストレート。穀物感を味わいたいならハイボールで飲んでみてください。

商品情報

容量:500ml
アルコール度数:43度
種類:ブレンデッドウイスキー(モルト、グレーン)
樽の種類:ホワイトオーク
製造:松井酒造合名会社
松井酒造公式URL:https://matsui-shuzo.co.jp/whisky/

入手方法

AEONなどのスーパーマーケットなどで取り扱いされている店舗があります。価格は1,000~2,000円台ぐらいです。立ち寄ったお店で見かけた際は、ぜひ手に取ってみてください!


↓ネットでの購入はこちらから

ジャパニーズカテゴリの最新記事